水素水についての考察 その4 「海外では水素豊富水はどう紹介されているか」

水素水=アルカリイオン水?

前のページで電気分解した陰極側の水を水素豊富水と呼ぶのであれば昔流行った「アルカリイオン水」と変わらないんじゃないかと思い調べてみるとすぐに出てきた。

以前までアルカリイオン水と呼ばれていたが水素に注目が集まったため、現在は水素水と名乗るようになったと出てきた。

なーんだ、アルカリイオン水と水素豊富水は同じものなのかぁ…なんだかなぁ…という感じである。

うーん、じゃあ水素豊富水が体に良いというのは何だったのだろう?

なんでアルカリイオン水だったときはそれが騒がれなかったのろう?

ということで九州大学の教授さんは所謂抗酸化作用のある水素豊富水とはどの状態のことを言っているのか、改めて調べてみるとこんな面白いページがあった。

山形大学理学部の教授をされている方のwebページだが、「◆電解水情報の読み方◆」の項目にて科学的な立場から電解還元水について述べられている。

科学的な見地のしっかりとした定義を知りたい方はご覧になることをお勧めする。

このページでは原子状水素、活性水素について以下のように紹介されている。

“水素分子生成の前にできる原子状水素は電極の金属原子と結合した状態で存在するというのが電気化学分野では常識となっています。”

“活性水素仮説を言い出した九州大の白畑教授は,活性水素(原子状水素)は白金微粒子(電解のときに電極の表面がはがれてできる)にくっついた状態で存在すると主張しています。”

つまり活性水素というのは水分子の中で単独に存在している訳ではなく、白金の粒子が存在してこそありうる状態のようだ。

ということは水分子の中に原子状水素、活性水素が溶けるという触れ込みをしているところは本来の定義から外れていることになるのだ。

ここで私に浮かんだ疑問は白金でなくてはならないのか、水素発生装置にあるような酸化還元反応があったマグネシウムでも同じことが言えるのかという新しい疑問は湧いてくる。

それが言えないのであれば水素発生装置のスティックも存在自体が本来の意味とは異なったものになってしまう。

まぁ、国やそれに準ずる機関で「水素水」とは何かという定義がなされない状況ではその言葉が独り歩きしても仕方がないとは思うが…

定義がなされない現状ではかつてマイナスイオン水だったものが水素豊富水を謳われていてもそれは水素豊富水となってしまうのだ。

水素水は海外ではどう紹介されているか

この章では海外(英語圏)ではどのように水素豊富水が紹介されているかについて紹介しようと思う。

水素豊富水(hydrogen rich water)で検索すると様々なページがヒットする。

海外でも水素豊富水というのは名があるようだ。

実際に水素豊富水がどのように紹介されているか見てみると、日本よりすごい熱狂ぶりがうかがえる。

海外では薬事法や景品表示法のようなものが緩いのか、水素豊富水に関しての論文を引用してかなり大胆な触れ込みで水素豊富水が紹介されているようだ。

こちらのwebサイトで以下のように水素豊富水の効果が紹介されている。

ピッツバーグの教授にインタビューしているような形式のページである

*以下は海外のサイトで紹介されている内容であり、どのようなものが水素豊富水と定義しているかについても言及しておらず、かつ論文へのリンクも書かれていなかったので信憑性は高くない
情報の受け入れには慎重になるべきだろう
また、論文で発表はされているものの、国やそれに準ずる機関が水素豊富水がヒトへの以下のような効果、効能を持つことを保証しているわけではないことを断っておこう。

“ピッツバーグ大の教授によりメタボリックシンドロームの危険にある患者20名に8週間の間約2リットルの水素豊富水を一日に飲ませたところ、39%の患者に血中の抗酸化酵素の割合増加が見られ、8%の患者にHDLコレステロール(動脈硬化を防ぐ作用がある)の増加がみられ、13%の患者に総コレステロール値の低下、改善が見られ、メタボリックシンドロームへの危険性を有意に低下させた。”

“日本の研究では36人の2型糖尿病か耐糖能異常の患者を対象にした研究がある。何人かの患者に8週間の間1リットル弱の水素豊富水を、残りに普通の水を一日に飲ませた所、普通の水を飲んだ人たちには有意な変化は見られなかったが、水素豊富水を飲んだ人たちには糖代謝の改善が見られたと同時に水素豊富水の消費が悪玉コレステロールと尿の酸化ストレスマーカーの有意な減少と関連付けられた”

“それに加えて水素豊富水はアテローム性動脈硬化症へのリスク低下、ストレス誘発による学習と記憶の低下の予防、パーキンソン病進行を遅くする、軽い大腸炎の予防、アレルギー反応の減少、腎毒性の低下を助けてくれるかもしれない”

このようにかなり大胆な内容が語られているのである。

さらに驚くべきは似たような内容を別のwebサイトでは医者をしている方が執筆しているものもあることだ。

繰り返し断りを入れておくが、これらの内容が国で保障されているわけではない。

厚生労働省からの認可何もない状況の現在の日本では水素豊富水は「ただの水」という位置づけである。

現に癌に効果があるとして水素豊富水を販売していた業者は販売停止に追い込まれている。

他の海外のwebページでも程度の差はあれ、水素豊富水について肯定的であった。

しかし、海外でも懐疑的な人は多いようだ。

こちらのスレッドでは自分の母親が水素豊富水を購入したが、自分は間違っていると思う、どうやって説得すればいいのかというような内容の投稿がされている。

それに対して集まっている投稿もH3O2とはなんなのか、どうやって生成されているのかについての議論がされたり、そもそも怪しいんじゃないかという意見が多い。

やはり、水に対して高いお金を出すという行為には疑問を感じるようだ。

米amazonでも水素発生装置の棒というのは販売され、それなりに売れているようだ。

The Original Dr. Hayashi Hydrogen Rich Water Stick

注目してほしいのはレビューである。

星5つのレビューが45%と最多だが、星2つと1つの数も少し多い。

星5のレビューには「it works for me」(私には効果あった)、便器の臭気がかなり減った、夜頻尿で起きることから解放されたなどがあり、星2、1のレビューには効果なかった、phが変わらなかった、もっと安く買えた等があった

ここは高評価が多く、低評価のレビューはこの水素発生装置事態にがダメだったというレビューがほとんどだった。

私が見たところ、水素水を紹介しているサイトの熱度は日本よりも高く、実際に使ってみた方の評価はまずまず。

実際に使わず興味のある人は懐疑的、もしくは水素豊富水とはなんなのか、なぜそんなものがあるのかについて知りたいようだ。

→次章水素水についての考察 その5「現在国ではどのように取り扱われているか」
←前章水素水についての考察 その3 「実際に飲んでみた口コミ」


これだったら分かりやすいウォーターサーバーの方が後腐れもないかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です