美顔器についての考察その1 「美顔器とは?」

美肌な女性

女性に人気の美顔器!

顔面のスキンケアをするものとして美顔器というものがある。

電気店にも多くの美顔器が並べられており、女性に買うようせがまれた男性はその高額さに息を飲むだろう。

電動髭剃りとは訳が違うのだ。

男性からしてみればなぜこんなに高額になるのかという疑問がわくが、女性でも美顔器というのは皮膚に当てればスキンケアになるくらいのイメージで実際のしくみや機序を詳しく知っている方は少ないのではないのだろうか?

今回は美顔器について調べてみようと思う。

美顔器のしくみ 基本的には振動を肌に伝える働き

商品によってレーザー機能がついていたり、イオン導入の機能がついているものがあるが、美顔器というのは基本的には肌に振動を与えて、マッサージをするものである。

一般社団法人日本ホームヘルス機器協会によると美顔器は以下のように説明されている。

「美顔器とは、“物理的な方法を用いて、用途に応じたフェイシャルケア(美顔)を行う機器”で、一般的に温冷熱・振動・電流・光などを利用して、主にお顔の皮膚を清潔にし、素肌を整え、美しい状態を維持するなど美容目的で使用されている機器を指しています。」とのことだ。

“美容目的で使用されている”ということはここでは何らかの効果・効能を保証しているわけではないようだ。

美顔器の効果・効能

日本ホームヘルス機器協会が厚生労働省医薬食品監視指導・麻薬対策課に提出し、各都道府県薬務主管課に報告されたものには美顔器の効果は以下のように定められている
家庭向け医療機器等適正広告・表示ガイド

・医療機器でない美顔器が標榜できる効果・効能はおおむね化粧品で認められている範囲
・事実であれば標榜できる効能の範囲は以下の通り

  • (汚れをおとすことにより) 皮膚を清浄にする。
  • 皮膚に水分、油分を補い保つ
  • (洗浄により) ニキビ、アセモを防ぐ
  • 皮膚の柔軟性を保つ
  • 肌を整える
  • 皮膚を保護する
  • 肌のキメを整える
  • 皮膚の乾燥を防ぐ
  • 皮膚をすこやかに保つ
  • 肌をやわらげる
  • 肌荒れを防ぐ
  • 肌にはりを与える
  • 肌をひきしめる
  • 肌にツヤを与える
  • 皮膚にうるおいを与える
  • 肌を滑らかにする。
  • さっぱり感、しっとり感

また、もし医療機器でない美顔器で以下の効果・効能を謳っていたら薬事法において不適切事例(効果は認められていない)になる。

  • しわの解消
  • 顔痩せ効果
  • 素肌の若返り効果
  • たるみの解消
  • 老化防止効果
  • ニキビの改善効果
  • シミ、そばかすを消す・薄くする効果
  • 美白効果・ホワイトニング効果
  • 医療機器の効果・効能
  • 温熱効果がで細胞の新陳代謝が活発になることなど身体の構造機能に影響を与える効果
  • 肌の細胞が生まれ変わろうとする力を高める効果
  • 肌の深部への作用
  • 細胞や代謝等の活性作用
  • 血行促進
  • メラニンを血管から排出する
  • 殺菌効果
  • 損傷部分が回復する効果

しかし大半の美顔器はそれ単体ではなく、美容液などと併用して使われるものなので美顔器の商品ページには美容液などの効果として上のものを謳っているものもある。

逆に美容液等と併用しなければマッサージ器と何も変わらないだろう。

血行促進効果を謳ってはいけないというのは少し意外だった。

細かく振動を与えられるとその部分が熱を持って血行促進してくれそう、というのは違和感なく受け入れられることだからだ。

また、代謝を促進してくれるなどの活性作用についても同様に謳ってはいけないというのも意外だった。

代謝というのは皮膚の振動によって促進されるものではないのだろうか?

この辺りは調べてみる必要がありそうだ。

逆に皮膚のうるおいを保つであったり、乾燥を防ぐというのは果たしてどうなのだろうか?

肌を振動させるだけで潤いが保たれるとは思えないのだが…

もし振動することによって肌の表面に潤いが補われるとしたら、機器自体は水分を供給するものではないので、皮膚の奥にある水分が浸み出てきたものなのであろうが、そうなると皮膚から水分を奪っているという形になりそうだが、どうだろう。

この効果についても後に具体的に検証してみよう。

美顔器は周波数によりその働きが変わってくる?

美顔器には周波数を変えることができるもの、自動で変化していくものもある。

周波数が何ギガヘルツだとか周波数を売りにしている美顔器があるが周波数が高いと何かいいことがあるのだろうか?

周波数というのは”1秒間に繰り返す波の数”のことであり、周波数が高くなればなるほど1秒間に肌に与える振動の数が多くなる。

とあるサイトではこの周波数によって以下のように効果が変わってくると書かれていた。

1メガヘルツ:肌の深いところまで振動が届くため、脂肪が厚い部分におすすめ
2メガヘルツ:真皮の奥まで振動が届くため、美容成分を肌の奥深くまで浸透させる効果が期待される
5メガヘルツ:振動の伝わりが肌の表面だけにとどまるので、マッサージ効果やクレンジング効果には良い

とあったが、これには少々疑問がある。

物理の授業でやったが、振動数と波長、波の速度には以下のような関係があった。

波の速度 = 振動数×波長

そして振幅については波のエネルギーなどには関係するが、振幅と振動数については関係することはなかったと思うのだが…

これについては検証が必要そうだ。

この他にイオン導入やレーザーの肌への有用性についても検証が必要になってくるだろう。

とにかく、美顔器については検証しなければならないことが多そうだ。

次ページ→ 執筆中


楽天市場で一番人気な美顔器はツインエレナイザーという美顔器のようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です