美顔器についての考察その2 振動数が高低で働きが変わってくる?

美顔器と振動数

美顔器の働きは振動数によって変わってくる!

美顔器についての考察その1 「美顔器とは?」で提起した問題、「美顔器周波数によりその働きが変わってくる?」について自分なりの解釈が出来たのでここで紹介する。

物理的な話がほとんどなのであまり興味が無いという方は美顔器は周波数によりその働きが変わっていく、という結論だけ抑えて次の記事を見ていただければよいだろう。

それでは私なりの解釈を紹介していく。

以前の記事で上げた波に関して振幅と振動数が関係しないという話はひもの運動などの単純な波に限る話のようだ。

水などの流体ではそういった高校で習う力学の話とは全く違い、「流体力学」という範囲で考えなければならない。

流体力学が対象とするモデルとしては海の波などがある。

例えば海の表面に浮かぶ水分子の動き(または海面のごく狭い部分)を考える時前後左右、上下からの影響を考えなければならない。

その影響を考えるときは速度ポテンシャルのラプラス方程式からはじまり、海底と海面の境界条件、ベルヌーイの式、微分方程式などを経て、実際の波の形というのは導出される。

その過程は理系の大学生1,2年生で学習する内容で美顔器について簡単に知りたいという方にとってはただ難しい内容となってしまうため、ここでは紹介しない。

もし、詳しく知りたい方はこちらの「環境の大学」というサイトの「海岸工学」の項目を一通り目を通していただければ理解していただけるかと思う。

さて、ここまで読んで今は肌の事を話しているのになぜ海や水の事を考える流体力学の話が出てくるのかと思った方もいらっしゃるかもしれない。

それはなぜかというと海や水の溜まったお風呂と同じく、肌も立派な流体と言えるからだ。

海や風呂と違う点は濃度や粘度が違うというだけだ。

それであれば流体力学の範囲で十分議論できる。

では、肌に高周波(もしくは超音波)を出力する美顔器を当てているときには肌にどのような波が出来るのか議論していこう。

流体力学において波のでき方や各点の動きを議論していく上で表面の波の波長とその流体の深さというのは重要になってくる。

海の場合であれば波の波長と海面から海底までの深さ、お風呂であればお風呂の水面に立つ波の波長とお風呂の水面から底までの深さだ。

肌の場合は密度や硬さが異なる骨までの距離を深さとしてみよう。

今回は美顔器について考えているので顔面の皮膚の厚さを考える。

ここでは角質+真皮+皮下組織の合計の厚さを5mmとしておこう。

まずは周波数の低い波を当てている時を考える。

周波数の低い波、つまり肌にできる1秒間あたりの波の数が少ないとき、波の速さが一定とすると波長は周波数の高い波に比べて必然的に長くなる。

これは前回でも考えた以下の式による

波の速度 = 周波数×波長 (1)

(上の関係式から分かるように波の速度が一定という条件があるのとき、周波数が低くなれば波長が長くなる)

肌の厚さ/波長 <= 1/2のとき波は浅海波、または長波と呼ばれる波の振る舞いをする。

この浅海波と呼ばれる波では波は長軸軸kH/2πh、短軸H(1+z/h)の楕円形の運動をする。
(kを波数、Hを波の振幅、hを肌の厚さ、zを肌の表面からの深さとする)

zの取りうる範囲は

0> z > -h

である。

この短軸を見ると波の振る舞いは深さzに比例していることが分かる。

肌の表面から骨までの波の伝わり方としては表面が一番強く、深くなるにつれて段々と弱くなるということだ。

つまり、肌の深い部分まで波は伝わるということになる。

では超音波などの高周波になった時はどうなるだろうか?

上の(1)の式より周波数が高くなると波長は短くなる

肌の厚さ/波長 >= 1/2のとき波は深海波と呼ばれる波の振る舞いをする。

この深海波と呼ばれる波では半径He^(kz)の円形の運動をする。
(Hを波の振幅、eはネイピア数(自然対数の低)、kは波数、zを肌の表面からの深さとする)

zの取りうる範囲は浅海波の時と同じである。

半径を見ると指数にzが入っている。

このため、zが-1,-2,-3…とマイナスの方向に値を増やしていくと指数関数的に半径は小さくなっていく、つまり肌の奥に届く波というのは指数関数的に減衰していくことが分かるのだ。

このため、高周波のときは肌の奥まで美顔器から与えられる振動というのは届きにくいといえる。

以上から美顔器が比較的低周波のときは肌の奥まで振動が伝えられるのに対し、高周波の時は振動は肌の表面のみにとどまり、奥までは届かないということが物理的に分かった。

次記事→ 執筆中
←前記事 美顔器においてのキャビテーションについての考察


水素水についての考察 その6「現在業者はどのように謳っているか」

水素水を販売している業者は現在水素水についてどのように謳っているのか

ここまでは論文など科学的なプロセスから水素豊富水の効果・効能についてを検証してきたが、現在水素豊富水、またはそれに準じた名前で販売している業者は水素豊富水または水素自体について実際どのように謳っているのか、様々な業者のwebサイトを見て検証してみたいと思う。

以下は複数社の水素豊富水の商品ページに書かれていたことをまとめて箇条書きにしたものだ。

水素豊富水(水素)について

・身体のあらゆる場所に浸透し速やかに到着する
・20種類以上の疾患や症状に対する効果効能が医学的な臨床試験により証明され、注目されている
・水素豊富水で洗顔すると、とっても気持ちいい
・悪玉活性酸素と水素が結びつくことで、無害な水に変化
・健康・美容に大注目
・水素は非常に高い還元力を持ち、健康や美容の不調を引き起こす、体にとって不要なものにアプローチする
・水や脂にもなじみやすいという特殊な性質を持っているので細胞の中へ容易に浸透しやすい
・水素には体の”サビ”と結びつき、水に帰る働きがあると言われている
・電気分解で水素だけを分離させ水に溶け込ませた水が水素水

商品自体

・イキイキとした毎日を過ごしていただく
・美容と健康のために
・ずーっとキレイでいたいあなたへ
・体の内側からキレイに
・疲労が抜けない、年齢による肌トラブルが気になる、脂肪が気になり始めたどんな年齢や生活習慣の悩みを持たれている方に最適

公式サイトに商品への口コミとして掲載しているもの

*以下は個人の使用感を謳っている物であり、効果・効能を保証している物ではない

・コンディション作りの重要なパートナー
・調理すると素材の味がひきたつ
・すっぴんに自身が持てるお肌に
・コーヒーや紅茶などを作るときに使うと深みのある味になる
・子供達にも元気と言われるようになった
・商品を使うようになってから肌のトラブルに悩んでいない
・最近お肌綺麗になったと聞かれた
・トイレの回数が増えて悩みの吹き出物も良くなりそう
・ちょっと飲んでみたらモヤモヤ気分がすっきり
・美容にぴったりの水素水

水素風呂

・いつまでも冷えない
・すっぴん美人
・お肌ツルツル
・夜ぐっすり、朝すっきり
・長い時間水素に触れているとすっきり

どの商品もイメージ的なものや抽象的なものが多く、世間が思う水素豊富水への効果・効能を謳っている物はなかった。

もしあったらすでに旧薬事法で行政指導されているか業務停止命令を下されているかしているからだろうが…

公式サイトで紹介されている実際に使った口コミではより具体的な物言いがされていた

それでも具体性には欠いていたが、薬事法は口コミにも適用されるのであまり過激な物言いは出来ないため、仕方ない、というか当然なのだろう。

こうして文字に起こしてみるともやもやとした印象だが、実施webサイトやパンフレットをもらって綺麗なイメージの写真と共に紹介されると健康・美容に効果がある!などと勘違いしてしまう方もいるのだろう。

私が調べたページではどの商品も具体的な物言いはしておらず、水素を逃がさないような設計をしているとか、水素の充填率、濃度が高い、濃度が持続する時間が長い、などという箇所の方が盛んにアピールされているように思えた。

これは水素豊富水を出して話題になった伊藤園から出ている「還元性水素水」についても言えることである。

すると、巷で話題になっているような水素豊富水に対しての「アンチエイジング」「ダイエット」「活性酸素除去」のイメージというのはどこからきているのだろうか。

やはりテレビやネットニュースからきている物が多いのだろうか。

まず、水素豊富水というものをどこで知ったのか調べてみると、芸能人の名前であったり、yahooのニュース、世界一受けたい授業という番組名とその回に出ていた教授の名前、テレビ通販、美容アドバイザーなど様々であった。

中でもyahooニュースでは「過熱する「水素水」ビジネス うっかりニセ科学にだまされないために」と銘打った記事が書かれており、これでは水素豊富水全てが”ニセ科学”だと判断されてしまわれかねない。

もちろん、こうなってしまっている現状には「癌に効く」、「アトピーが治る」などと謳っていた業者の所為もあるのだが、こういった物を見て、水素豊富水などインチキだと決めつけてしまっている人も大勢いると思われる。

しかし、「アンチエイジングに効く」「ダイエットに良い」と謳っている商品はないのだ。

そんな謳い文句がまかり通るほど、政府は怠惰ではない。

癌に効果があると謳っていた業者はしっかりと一部業務停止に追い込まれている。

繰り返しになるが、世間が思う水素豊富水への効果・効能を謳っている物はない。

だが、気を付けてほしいのは口コミだ。

商品の公式ページには使用者の口コミを載せているものも多いのだが、そこでは旧薬事法的にきわどいものが多い。

上で紹介したものの中にも肌の調子が改善されたかのような口コミがあるが、その他にも乾燥肌や鼻炎対策に期待している、(学生時代の友達と合って)昔と変わらないって言ってもらえる、(毎日ジョギングをしていて)なんでそんなに元気なんだと言われる、1年間飲み続けてハリと潤いが全然違うなどというものもあった。

口コミを提供している側としては本当のことを言っているつもりなのだろうが、それを見て、乾燥肌に効果があるんだ!とか、やっぱりアンチエイジングに効果があるんだ!と勘違いする人が出てくることが容易に想像できる。

しかし、冷静に見ればその口コミは必ずしも水素豊富水のことについて語っているのではなく、たまたまその商品を使っている時期に誰か親しい人から言われたことだったり、水素豊富水を使っていなくても言われる可能性があることだったり、ただ、違うだけで改善されたとは言っていないものだったりするのだ。

商品を紹介しているページの口コミの隅っこには「*ただし、個人の使用感であり、効果・効能を保証するものではない」という記載も良く見られる。

薬事法を意識してのことだが、やはり勘違いが多く起こるのもこの個所だと思われる。

当たり前のことだが、何か商品を買うときは商品知識や冷静に物事を判断する力があると有利だ。

水素豊富水についても同様で、販売業者はネットで騒がれているような水素豊富水の効果・効能を謳っているところはない。が、商品ページの口コミでそれを”仄めかしている”ことがある。

その口コミを拡大、飛躍して解釈し、水素豊富水をあたかも「不老の水」「万能水」「奇跡の水」などとしないことが大切なのだ。

→次の記事 水素水についての考察 その7 「水素は水に溶けるのか」
←前の記事 水素水についての考察 その5「現在国ではどのように取り扱われているか」


アルミ缶に入った水素豊富水というものもある。たしかにアルミが水素を抜けにくくするというのならパウチじゃなく、缶でも良いはずだ。